新たなサービス(β版)の開始について

2018/05/30

株式会社アセット・ジーニアスは、投資用不動産の管理ツールとしてSaaS(逐次機能提供型)プラットフォームを開発いたしました。

当社は本日(平成30年5月30日)より、「AssetGenius」の名称にて新たなサービスの運用(β版)を開始いたしました。このソフトウェアは投資用不動産の管理を目的としたSaaSプラットフォームであり、下記URLよりアクセスが可能であります。 https://assetgenius.jp

クラウドとモバイル環境を装備

現在では、不動産投資家や不動産管理事業者は、不動産管理を携帯端末で行い、クラウドにデータ格納を行っています。当社のプラットフォームも同様の利便性を備えています。お客様の情報は安全に保管され、どこからでもアクセスが可能です。プラットフォームの利用者はどこからでも(オフィス、移動中、または不動産物件を訪問しながら)全ての情報にアクセスすることができます。

商品の特性

この不動産管理ソフトウェアの特性はクラウド上にデータ格納を行うだけではありません。従来、不動産の投資管理者や物件所有者は不動産管理ソフトを使用しても、人手による確認や計算作業に時間を費やさざるを得ませんでした。当社のプラットフォームは不動産管理にかかる業務フローを自動化し、管理者や物件所有者の皆様に事業拡大に注力頂けることを目指しております。